M1 iMac 24インチレビュー!最高のオールインワンMacを「体験」せよ!

2021年5月21日の発売日当日にM1チップ搭載のiMac 24インチを入手した。

到着後、動画編集やブログ作成など普段使う作業を一通り新iMacでこなし、新iMacの素晴らしさを実感した。

この記事では、M1 iMac 24インチを実際に使用して感じた体験について話したい。

購入したM1 iMac 24インチモデル

私が購入した新iMacはエントリーモデルだ。SSDやメモリも標準仕様のままだ。つまり、一番安く買えるM1 iMac 24インチを選んだ。

24インチの新iMacを選ぶ理由としては、コスパと程よいサイズ感だと思ったからだ。

色は最も「ベーシック」な色であるブルーを選んだ。シルバーと悩んだが、最終的にせっかくの新iMacを楽しむためにカラフルな色の中からブルーを選んだ。

M1 iMac 24インチモデルを実際に使った感想

スペックやデザインについては語り尽くされている感があるので、ここでは割愛したい。興味がある方は動画にレビューをまとめたのでそちらをご覧ください。

動画版レビューもご覧ください

iMacという「体験」

私は今までMacBook Pro 13インチを使ってきたが、今回新iMacを使ってMacの使用スタイルが変わった。

M1 iMacを実際にしばらく使って感じたのは、Macを「体験」として強く感じるようになったことだ。

「体験」と言った理由の一つには、24インチ 4.5K Retinaディスプレイの高画質で広い画面で作業するときの没入感が挙げられる。

また、高性能スピーカーで音楽を再生させたり、映画や動画などを高音質で楽しめることも「体験」を重視したオールインワンマシンのiMacならではだと思う。

新しいデザインは、ユーザーが画面に集中できるように、前面はさりげないやわらかなデザインとし、背面は大胆な濃いカラーリングに仕上がっている。

このように、MacBookの画面の小さなラップトップから新iMacのオールインワンマシンに切り替えてみると、もはや別体験と言えるほどの大きな変化を感じた。

新デザインについて

新デザインについては、いろいろとネガティブな意見を多く目にした。言い換えれると、それほどAppleのデザインが多くの人の期待を良い意味で裏切るものだったということだ。

予想外なデザインこそがAppleらしいユニークさに溢れた”Think Different”なAppleプロダクツの証ではないだろうか?

実際に机の上に置いて作業していると、すぐに新しいデザインが日常の生活空間に馴染んでくるから不思議である。

オールインワンiMacを体験せよ

最高のオールインワンマシンという類を見ないコンセプトの製品化と、細部に至るまでこだわり抜いた統一感は、購入した人の満足感を必ずや満たしてくれるだろう。

箱を開封して、机にセットアップするまでの儀式は新iMacならではの「体験」の一部であり、他の製品で同様の体験を味わうことはできないものだ。

新iMacを購入することは、モノではなく「体験」を購入することでもある。

1998年、今から23年も前に誕生したiMacがここまで進化したことに感動すると同時に、発売当初からオールインワンマシンとして変わらない「体験」を与えてくれるAppleらしさを凝縮したマシンだと言える。

投稿日:
カテゴリー: Mac