カテゴリー
iPhone ガジェット

格安SIMにしたら年10万円節約できた話

スマホの料金を見直すと、大きな節約効果がでる。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを契約している人に、格安SIMへの切り替えをおすすめしたい。

格安SIMとは

格安SIMを簡単に説明してしまうと、ほとんどデメリット無しにスマートフォンの料金を月7000円から月2000円に節約することができる、それが格安SIMです。

格安SIMとスマホ比較

格安SIMを購入する際に検討したのは格安SIMとスマホ比較というサイト。このサイトを見れば、各社の格安SIMのサービス内容から、格安SIMの導入の仕方までしっかりまとめてあるので便利。

実際に3ヶ月使用したレビュー

格安SIMに切り替えてから3ヶ月経ったので、レビューしてみたい。

使用環境

  • 地方住み(山の近く)
  • エキサイトモバイルの格安SIMを使用:
    「データ通信専用/SMS機能付きSIM(音声通信無し)」
  • 夫婦で2枚のSIMを使用
  • SIMフリーのiPhone6
  • 音声通話はSMARTalkを使用

通信状況

エキサイトモバイルの格安SIMは、ドコモ系のキャリア。ドコモの通信エリアは非常に広く、私が住んでいる田舎でもいつも4G通信できて快適

東京や千葉に行って使っても4G通信でき、もちろん問題なかった。

実際どれくらい節約できたか

過去3ヶ月の格安SIMの実際の支払いをまとめた。

  • 初期費用4,182円(初期登録手数料+SIMカード発行手数料)
  • 1ヶ月あたり計1.5GB程度の使用(家ではWifiを使う)

3枚SIMコース契約で実際には2枚のSIMを使用して、月額は夫婦で合わせて2,000円程度だった

いままで夫婦で10,000円(ひとりあたり月額5,000円)くらいしていたので夫婦で月額8,000円、年間96,000円もの節約効果になった。

なお、格安SIMはキャッシュバック・キャンペーンを実施していることが多い。エキサイトモバイルは現在も5,000円のキャッシュバックを実施しており、初期費用分はキャッシュバックでカバーできる。

エキサイトモバイルのメリット

  • SIM3枚の合計データ使用量に応じて課金される従量制
  • データ使用量が少ない人は特に節約効果が期待できる
  • 3台(3人)のスマホの料金を一括で管理できる
  • 大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)のように複雑な料金体制がない
  • 音声通信無しだと解約時も手数料がかからない
  • キャッシュバックキャンペーンがある。私が加入したときは1年間継続すると1万円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンがあった。

家族で格安SIMの導入を検討している人には、エキサイトモバイルをおすすめしたい。特にデータ通信や音声通話をたくさん使わない人向け。

詳細はこのページが詳しい。エキサイトモバイルの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

まとめ

格安SIMの業界はいま、新規ユーザーの獲得をめぐって激しい価格競争を繰り広げている。ユーザーにとっては料金が安くなり、サービスも魅力的になっているいまが加入の狙いどきだ。

携帯大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)はカルテルのような横並びの複雑なサービスでユーザーを悩ませ、金にものをいわせた宣伝でユーザーを囲ってきた。

だが、格安SIMの新興企業が参入したことで、日本のスマホ通信業界におおきな風穴があいた。

格安SIMの各社が今後もユーザー第一主義でサービスを充実させていくことを期待したい。