カテゴリー
Mac

Macのおすすめテキストエディタまとめ【2018年版】

昔からMacを使ってきたが、いつもテキストエディタには悩まされてきた。

動作は軽快だが縦書きができないとか、電子書籍フォーマットに対応していないなどで、決定的なソフトウェアが存在しなかった。

しかし、2018年にegword Universal 2が発売され、Pagesで電子書籍作成ができると知ってからは、テキストエディタを探しまわる放浪の旅に終止符を打った。

この記事では、私が毎日使っているMacのテキストエディタ6つを表にまとめて紹介。

なお、使用用途は下記を想定した。

  1. 文章執筆
  2. 電子書籍作成
  3. ブログ執筆

Macのテキストエディタ6選

(クリックで拡大)

egword Universal 2

お気に入り度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

紹介したなかで唯一の有料で7,800円は高いと思う。だけど文章を大量に書く人はすぐに元が取れる。余計な機能はなく必要な機能が充実。

個人的に気に入っているのは、日本語入力したときに一瞬たりとも遅れずに入力できること。案外このコンマ何秒の遅れが長時間使っているとストレスになる。egword Universal 2が新発売されたことは日本のMacユーザーにとってはうれしいニュースだった。

物書堂 | egword Universal 2 | 製品紹介

Pages

お気に入り度:⭐️⭐️

Apple版のWord。Appleらしくユーザー・インターフェースに機能美があるソフトウェア。

しかし、日本語ユーザーにとっては不満がある。縦書きができない、日本語入力がもたつく。簡単な書類作成にはいいが、これでは長文を書く気はしない。

私はPagesは電子書籍フォーマット(epub)を出力するときにだけ使用。

Pages – Apple(日本)

テキストエディット

お気に入り度:⭐️⭐️⭐️

この標準テキストエディットは、縦書きもできて動作も軽快だから思いのほか使える。アウトライン機能もある優れたソフトウェア。

残念なのは、文字数指定ができないことくらい。egword Universal 2が発売される前はこれであらゆる文章を書いていた。

egword Universal 2を買いたくない人は、この標準テキストエディタで対応できる。

メモ

お気に入り度:⭐️⭐️

最近パワーアップしてきた。だけどEvernoteの方がクラウド機能が充実しているから主役はEvernote。このメモにだけでできるウリが思い浮かばない。Evernoteを使ってない人のためのクラウドエディタ。

Evernote

お気に入り度:⭐️⭐️⭐️

ノートを保管するのはEvernoteが便利。egword Universal 2やテキストエディットなどで文章をサクサク入力してあとはEvernoteにコピペして保管という方法がいい。

TextWrangler

お気に入り度:⭐️⭐️⭐️

昔から存在するフリーのテキストエディタ。リッチテキストには非対応だが、HTMLやCSSファイルの編集、その他のプログラム関係のファイル、マークアップにも対応した軽快な多機能で使えるエディタ。

「TextWrangler」をMac App Storeで

最後に

特殊な用途でなければ、この6つのテキストエディタがあればどんな書類作成もできる。

仕事、メモ、ブログ作成など、おおいに活用いただきたい。