キヤノンのすべてのカメラにおすすめのレンズ!EF-S EF EF-M RFマウント対応

キヤノンのカメラを使い始めて3年が経った。

最初はAPS-C一眼レフのEOS Kiss X9を使い、最近フルサイズ ミラーレスのEOS RPに買い替えた。

この記事では、キヤノンのカメラを愛用する私が時間をかけてリサーチした結果、現行のキヤノン4マウントでおすすめするレンズを選んでみた。

単焦点50mm標準レンズをおすすめする理由

レンズを1本だけ選べ」と言われたら、皆さんはどんなレンズを選ぶだろうか?

私は迷わず50mmの単焦点レンズを選ぶ。その理由は5つある。

  1. 価格が安い
  2. ボケ量が大きい
  3. 広角としても望遠としても使える画角
  4. 小型で軽量
  5. 撮りたいものを明確に表現できる

以前はキットレンズ、広角ズームレンズ、中望遠単焦点レンズなどを使ってきたが、どうも撮影した写真の出来栄えに満足できず、色々とレンズを変えてきた。

そして、ついに自分が撮りたかったような写真が撮れるレンズを見つけた。それが単焦点50mmの標準レンズとの出会いだった。

つまり、早い話がキヤノンに限らず他のメーカーであれ、私は標準50mmの単焦点レンズを強くおすすめしている。

キヤノンEF-Sマウントでおすすめのレンズ

Sigma 30mm F1.4 DC HSM

私がEOS Kiss X9でたどり着いたレンズは、シグマの30mm F1.4 DC HSMだ。

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥44,600 (2021/09/23 12:54:53時点 Amazon調べ-詳細)

このレンズは、35mm換算で48mmと50mm相当の標準レンズと言える。

私はこのレンズを使い始めてから、明らかに写真が上達したと感じた。また、このレンズで撮った写真を見た人から、よい写真だと言われることが増えた。

この50mm単焦点レンズを使うようになってから、写真を撮るのが楽しくなっていった。自分にとっては思い入れのある1本である。

F値がF1.4とこの価格からは考えられないほど明るい。ずっしり重さがあり、コンパクトなつくりでEOS Kissなどのボディにピッタリのレンズだと思う。

シグマのレンズの中で最高級の「Art」シリーズにラインナップされておりプレミアム感もある。こちらのレンズについては別の記事で詳しく解説したのでそちらをご覧頂きたい。

EOS KissやEOS 80D/90Dなどををお持ちの方にぜひおすすめしたい一本である。

キヤノンEFマウントでおすすめのレンズ

EF 50mm f/1.4 USM

続いて、フルサイズデジタル一眼レフ用のEFマウントでのおすすめのレンズはEF 50mm f/1.4 USMだ。

created by Rinker
D-Link
¥64,782 (2021/09/23 06:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

EFレンズには50mm f/1.8の撒き餌レンズも有名だが、f/1.4のこちらのレンズをおすすめする。理由は単焦点らしい明るいレンズであり、f/1.8よりもf/1.4はさらに雰囲気のある写真が撮れるからだ。

キヤノンMマウントのおすすめのレンズ

EF-M 32mm f/1.4 STM

キヤノンMマウントは、キヤノンのAPS-Cサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラで採用されているマウントだ。

私はフルサイズミラーレスのEOS RPを購入する際に、EOS Kiss Mとどちらにするか迷っていた。EOS Kiss Mを購入していたら合わせてこちらのレンズを購入する予定だった。

created by Rinker
キヤノン
¥93,015 (2021/09/23 06:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

EF-M 32mm f/1.4 STMレンズは「大きなボケ味と開放からLレンズに迫る描写性能が楽しめる、大口径・単焦点レンズ」と呼ばれているように、キヤノンの高級レンズラインの通称Lレンズ並のレンズ性能を備えている。

サイズもコンパクトで軽量でEOS M系の小型ミラーレスカメラにピッタリだ。

また、最短撮影距離が23cmとマクロレンズのように被写体の接写にも強い。

個人的にこのレンズはMマウントユーザーなら買っていたと思うが、50mm単焦点にしては若干長さがあるのと、価格が割高な点がやや残念な点である。

キヤノンRFレンズのおすすめ

RF 50mm f/1.8 STM

最後はキヤノンのフルサイズミラーレス用のRFレンズだ。

私がEOS RPを購入する際、初めからボディと合わせて検討していたのがRF 50mm f/1.8 STMだ。

created by Rinker
キヤノン
¥25,788 (2021/09/22 21:29:06時点 Amazon調べ-詳細)

RFレンズは発売当初は手頃なレンズがRF 35mm f/1.8 IS マクロ STMしかなく、50mm標準レンズを使いたい私はEOS RPを買うのを躊躇っていた。

EOS RPを発売から数年後に購入したのは、このRF 50mm f/1.8 STMが発売されたことが大きい。

何より価格が安く、ミラーレスカメラの長所である小型で薄いボディの良さを損なわない。

手振れ補正はついていないが、価格とサイズを考えると十分満足できる。

またコントロールリングも備わっているため、自分の好みの設定変更がレンズのリングで操作できることも良い。

最後に

以上、キヤノンのマウントレンズ4つについて、それぞれおすすめのレンズを挙げてみた。

キットレンズやズームレンズをお使いの方は、ぜひここでご紹介した50mm相当の単焦点標準レンズを1本レンズコレクションに加えることをおすすめしたい。

また、私のようにキヤノンのカメラとこれらの単焦点50mm 標準レンズが1本あれば、驚くほど幅広い被写体に対応できるのでおすすめだ。

何より、人間の目に近い見た目で撮影でき、自分の足でズームしたり引いたりする感覚もつかめるので、「単焦点50mm標準レンズ」は最高のレンズだと改めて強くおすすめしたい。

関連記事