カテゴリー
ガジェット

コスパ最強!ハイセンス50V型4K液晶テレビ購入レビュー

長年使ってきたテレビが壊れたので急遽液晶テレビを購入した。私が液晶テレビに求めた条件は以下の3つだった。

  1. 4K対応
  2. 大画面
  3. 安い

この3つの条件を満たすテレビを探した結果、ハイセンスの50V型 4K対応液晶テレビ50F68Eを購入した。

この記事では、ハイセンスの4K対応液晶テレビを購入して数ヶ月使用した本音でレビューしてみたい。

YouTube、Netflix、その他動画配信サービスをテレビで観たい方、パソコンやカメラを接続して4K映像を視聴したい方の参考になればうれしい。

ハイセンス50V型 4K対応液晶テレビ50F68E購入レビュー

数年前からテレビ番組をほとんど見ていない。もっぱらFire TV StickをHDMI接続してNetflixを観ている。Fire TV StickでYouTubeを見たりMacBook Proを接続して映画を観ることもある。

YouTubeや映画の4K再生が揃い始めたいま買うなら4K対応テレビが欲しかった。

4K対応テレビの画質

WWDC2020を4Kで再生してみた

購入後、早速MacBook Proを接続して4K映像を再生してみた。

一般的なHD(ハイビジョン)映像と比べると、4Kの精細さは一目瞭然。

4K映像を表示すると明らかに高画質だと感じられる。発色や明るさも問題なく、ソースの映像に忠実な再生ができる。

結論として、ハイセンスの4K再生はまったく問題なく、4Kの高画質を十分楽しめることがわかった。

50V型大画面を使ったディスプレイ

4K映像を再生する他にもう一つ試してみたかったことがある。MacBook ProをHDMI接続して外部4Kディスプレイとして使い、動画編集やブログ編集をすることだ。

実際に、MacBook Pro 13インチをハイセンスの液晶テレビに接続して、動画編集ソフトFinal Cut Pro Xを起動してみた。

表示してみるとわかるが、普段13インチのディスプレイで見ている編集画面よりも情報量が多い。この大画面で本当に編集するかは、設置場所の問題もあるので別だが、プロジェクターの代わりとして大画面表示できる。

MacBook ProとテレビをHDMI接続す方法は下記の記事をご参照いただきたい。

最後に

Amazonのレビューなどで色表現の悪さなどのコメントが目立ったが、実際に買って観てみるとそんなことはない。

むしろこの価格で4K対応でき、50V型の大画面の液晶テレビを購入できたことは驚きだ。

テレビメーカーにこだわりがなく、私のように映像を接続してテレビを使用することを考えている人にはおすすめのコスパ最強4K大画面液晶テレビだ。

ちなみに、あまりに大画面すぎて今まで使っていたテレビ台の幅に収まらなかったため、こちらのスタンドを購入して使っている。合わせてオススメしたい。

2020年買ってよかったもの!Apple製品と「新しい生活様式」関連