Kindle PaperwhiteではなくKindle Oasisを購入すべき決定的な2つの理由

Kindleを10年近く使ってきた結果、家から本棚が消え、紙の書籍は買わなくなり、完全に電子書籍に移行した。

長年Kindle Paperwhiteシリーズを使ってきたが、最近Oasisに乗り換えた。

PaperwhiteからOasisに買い替えたのには、PaperwhiteとOasisには決定的な2つの違いがあるからだ。この記事ではその2つの決定的な違いについて説明したい。

ページめくりボタン

Kindle Oasisを購入すべき決定的理由の1つ目は、ページめくりボタンである。

Paperwhiteではタップもしくはスワイプでページめくりができ、紙の本と比較しても大きな差はなく、大きな不満はなかった。

しかし、ページめくりボタンがついていた頃のPaperwhiteを使っていたことがあり、あの時のページボタンの使い勝手は記憶に残っていた。

実際、Oasisのページめくりボタンを使った読書に慣れると、もはやボタンなしの Paperwhiteには戻れないと思うほどしっくりくる。

Oasisの繊細なクリック感を伴うページめくりは、ページめくりの動きが最小限になるため、長編小説などを読む場合に特に違いを感じる。

読書家でKindleでたくさん本を読む人ほど、ページめくりボタンの価値を感じられるだろう。

グリップ

Kindle Oasisを購入すべき決定的理由の2つ目は、グリップである。

Paperwhiteは一枚の薄い板であるが、Oasisはページめくりボタンがある側に重心があって、片手持ちでもしっかりホールドできるようにグリップがある。

このグリップはページめくりボタンがあるOasisだからこそ実装されたエルゴノミクスデザインだ。

ページめくりボタンとグリップが片手で使えるOasisは、紙の本やPaperwhiteでは味わえない読書体験をもたらしてくれる。

Kindle Oasisは紙の本以上の読書体験が味わえる

Kindle Oasisを購入して感じたのは、読書のモチベーションが上がったことだ。

Paperwhite以上に快適に、自然にホールドでき、無意識に最小限の動きでページをめくっていける。

こうしてPaperwhiteとOasisを両方使ってみて気づくのは、Paperwhiteは紙の本と同じ読書体験を目指したものであり、Oasisは紙の本以上の読書体験を味わえるとも言える。

読みたかった長篇小説を読むモチベーションになった

Paperwhiteで読書をするときは、持ち方とページめくりの所作が紙の本に似ていることに気づく。

一方で、Oasisの場合は、紙の本にはないグリップがあり、ページめくりは親指に少し力を入れて押下するだけでよく、紙の本以上に快適に読書ができるようになる。

電子書籍をたくさん読む方で、紙の本を超える読書体験を味わいたい人はぜひOasisを購入されることをおすすめしたい。

created by Rinker
Amazon
¥31,980 (2022/12/06 19:19:04時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログとYouTubeを運営しています。 カメラ、写真、動画編集、ガジェット、GoPro、Mac、iPhoneなどが好きな方はぜひフォローお願いします!