カテゴリー
GoPro

GoProアクセサリー本当に使えるおすすめ6選

GoPro Hero4 Silverを使いはじめて3年が経過した。

その間、数え切れないほど世界中の旅行先、海に山に、スポーツやドライブに行ったが、いつも小さなGoProが相棒だった。

海で水没させて悲しみにくれたが、奇跡の生還を果たした相棒のHero4(バックスクリーンは使えなくなったが)。

この記事では、私が3年間実際にGoPro で色々な撮影をしてきて、使用頻度の高かったおすすめのGoProアクセサリーをご紹介したい。

1. 自撮り棒/3-Way

まずは必需品の自撮り棒

GoProのマウントとスマホのホルダー両方がついているものがオススメ。

最近では3-Wayタイプも安くなってきたので、こういう評価の高い製品でも十分活躍してくれる。

最初に買うアクセサリーとしては自撮り棒が絶対にオススメだ。私自身、他のアクセサリーは使わなくなったものが多いが、自撮り棒は今でも一番使うアクセサリーである。

使い方

一つ目の使い方はスタンダードに自撮り棒にGoProをつけてセルフィー(自撮り)撮影に使う。

ちなみに、セルフィーで写真を撮るときは、タイムラプス・モードで0.5秒インターバルで撮るといい。詳しくは別記事を参照:実は簡単!GoProの使い方とおすすめアクセサリー+アプリ+編集方法

この自撮り棒はセルフィーだけでなく、撮影時に両手で保持することで手ブレを抑えた撮影もできる

2つ目の使い方は、自撮り棒を伸ばし、三脚の足を取り付けて記念撮影に使う。

GoProは軽いし、付属の金属製の三脚がしっかりしているため、ちょっとしたことでは転倒しない。GoProから距離をとって、全身を写しつつ広大な自然を背景にした記念撮影ができる

3つ目の使い方は、この付属の金属製の三脚にマウントを取り付けてミニ三脚にする。これはタイムラプス撮影に便利。背を低くしたために安定性が増し、長時間のタイムラプス撮影で力を発揮する。

なお、三脚マウントは後述するGoProアクセサリーセットに付属しているものを使用。

以上、自撮り棒、もしくは3-Wayを利用した撮影スタイルをご紹介した。これひとつ購入すれば大抵の撮影で活躍してくれるに違いない。

GoProを買った人は、最初に自撮り棒か3-Wayを購入することをおすすめしたい。

最近発売されたShortyもコンパクトで、3-Way並みの機能があるようだから旅行者や女性などにはShortyもおすすめ。

2. GoProアクセサリーキット

自撮り棒/3-Wayの次におすすめなのが、サードパーティーから発売されているGoProアクセサリーキットだ。

2千円前後で購入でき、いくつものマウントが付属しているため、これからGoProをどんどん使っていこうという人は、購入しておいて損はない。

このアクセサリーセットのなかで、特に使うのが次の3つだ。

2.1 フローティング

まずはフローティング。黄色いプラスチック製のボディの中には空気が入っている。

フローティングを使うと海や川などで落としたときにGoProが水面に浮かんできて紛失を防げる。黄色のボディは目立つため、見つけやすい。

私は海に行くときはいつもこのフローティングにリストバンドをつけてGoProを使っている。

非常にコンパクトで軽量であるため、泳いだり多少のアクションにも耐えてくれる。これがあれば短いけど自撮り棒の代わりになり、両手で持てば手ブレ防止にもなる。

なにより見た目がカワイイ。小さいGoProとのバランスも絶妙。

2.2 ヘッドストラップ

次に、ヘッドストラップをおすすめしたい。頭に装着することで、両手が自在になることが最大のメリット。そのことを生かして、自転車に乗るとき、魚を釣り上げる瞬間など、自分視点で迫力のある映像を撮ることができる。

2.3 三脚マウント

先ほど紹介した三脚マウント。これは地味だけど便利な一品。カメラが趣味の人は三脚を持っているかもしれない。この三脚マウントがあれば手持ちの三脚にも取り付けが可能な優れもの。

3. SDカードリーダー

GoProオフィシャルのSDカードリーダー、ではなく(笑)、100円ショップで買ったSDカードリーダー(GoProステッカーを貼っただけ)。

以前測定したところ、GoProにUSBケーブルを接続するよりも、この100均SDカードリーダーを使ったほうがデータの転送が速いことが判明。以来、GoProからのデータ転送には100円のSDカードリーダーを使用している。

詳しくは別記事を参照いただきたい。

富士フィルムX100Vの発売日はいつ?どんな新機能が搭載されるか

4. 予備バッテリー

GoPro Hero4なら、感覚的には1時間程度の動画撮影は1本のバッテリーで足りる。しかし、1日中GoProを使う場合などには、やはり予備バッテリーを用意しておきたい。

私はGoPro本体を買ったときにキャンペーンでもらった純正バッテリーとチャージャーを使っているが、サードパーティー製でも目的を果たしてくれるだろう。

まとめ

この記事でご紹介した「おすすめのGoProアクセサリー」をおさらいしよう。

  1. 自撮り棒/3-Way
  2. フローティング
  3. ヘッドストラップ
  4. 三脚マウント
  5. 100円SDカードリーダー
  6. 予備バッテリー

サードパーティー製と組み合わせることで、便利なアクセサリーを安くそろえることができる。

先にも書いたが、初心者の方が最初に買うのであれば、まずは「自撮り棒/3-Way」をおすすめする。

あとはご自分の使用用途に合わせて買い足していっていただきたい。

関連記事

動画のカラーグレーディングで最も重要な3つのコツ(基礎編)

動画が色褪せるAppleのガンマシフト問題と解決策

新世界への冒険 GoProカメラとYouTuber Jay Alvarrez

広角レンズ/GoProでプロみたいな写真撮影をする3つの方法

動画が色褪せるAppleのガンマシフト問題と解決策

新世界への冒険 GoProカメラとYouTuber Jay Alvarrez