カテゴリー
GoPro

GoPro動画編集におすすめの無料LUT(リンク付き)

(お知らせ)GoPro用のLUTを作りました。無料でダウンロードできます。詳しくはこちらから。↓

LUTなし(左)あり(右)
GoPro用のLUTを無料で配布中 「苗場LUT」

GoProで本格的な映像を作りたい人は次の2点が必須となる。

  1. Protune機能をオンにして撮影する
  2. 色補正(カラーグレーディング)をする

動画編集ソフトで「LUT」を使うと色補正(カラーグレーディング)が簡単にでき、トーンも統一できる。

この記事では、GoProで撮った動画から魅力を最大限に引き出すために、LUTの基礎知識、おすすめのLUTをご紹介したい。

LUTとは?

Lookup Table(ルックアップテーブル)の略。Appleのページにちょうどいい説明があったので引用してみる。

ルックアップテーブル(LUT)は、ピクセル値の数値変換によってイメージの外観を変えることができるデータセットです。

ビデオのポストプロダクションでは、LUT は一般に対数変換に使用されます。最近の多くのカメラには、イメージの露出寛容度の F ストップを大きくする、対数またはワイドダイナミックレンジ録画オプションが用意されています。あらかじめこのオプションを設定して録画したビデオ素材は、「平面的」な外観になります。LUT を適用すると、Log 素材の外観を標準的な放送仕様(Rec. 709 など)に変更できます。

LUT のもう 1 つの一般的な使いかたは、ビデオクリップに特定の「外観」を与えるためのスタイル調整です。単に客観的な露出見本と一致させるだけでなく、色を巧みに混ぜ合わせてプロジェクトのストーリーを昇華させることができます。色を調整することで、視聴者がシーンから受ける印象を変え、プログラムのムードを一変させることができます。Final Cut Pro X: カラー・ルックアップ・テーブル(LUT)を適用する

LUTとは、フラットな元素材(Log)に外観を与えるフィルターのような機能のこと。

Adobe Premiere、Final Cut Pro、DaVinci Resolveなどの動画編集ソフトでLUTを扱える。

おすすめの無料LUT

日本ではLUTの認知度がまだまだ低いようだが、欧米では有料・無料のLUTが集めきれないほど配布・販売されている。

ここでは、GoPro動画にぴったりのインターネット上で手に入る無料LUTをご紹介したい。

なお使用した動画サンプルはGoPro Hero4 SilverでProtuneオン/カラーFLATで撮影した。LUTを使った以外は一切の編集を加えていない。

GoPro 50+ LUTs Color Grading Pack — IWLTBAP

GoPro 50+ LUTs Color Grading Pack (Protune & DJI D-Log supported) — IWLTBAP

リンク先のDOWNLOAD FREE LUTボタンをクリックすると、有料パックのなかから3種類(Aptira/Aructa/Batiog)+おまけのLUTがダウンロードできる。

サンプルとしてBatiogというLUTを適用してみた。いま流行りのいわゆる“Orange & Teal Look”になる。これはいかにも「外人っぽい」雰囲気が出る色合いだ。ミドリはオレンジに変換され、空や海の青がティール(濃い青緑色)になる。

GoProで撮影することが多い自然(海、雪、緑)の映像とハマれば「プロっぽい」色合いが表現できる。

 
 
 
LUTなし(左)あり(右)

DJI_Phantom4_DLOG2Rec709

DJI PHANTOM 4 | スペック、FAQ、チュートリアル、ダウンロード

このLUTは無料動画編集ソフトDaVinci Resolveにデフォルトで入っているLUT。PremiereやFinal Cut Proをお使いの方はリンクからダウンロードできる。

DJIのドローン(Phantom)用に作られたLUT。もともとDJIのドローンカメラとGoProは非常に傾向が似ているため当然なのかもしれないが、このDJI用のLUTがGoProにバッチリ使える。

LUTなし(左)あり(右)

彩度やコントラストが高く「濃い」色合いになる。空の色が青すぎるために、強さを弱くしたり、ハイライトの調整は必要だ。パンチが欲しい映像に使いたい。

最後に

GoProは見た目は小さくてカワイイのに扱いが難しい。

色補正は難関のひとつだろう。Protuneで撮った映像に無料LUTを使うことで、カラーグレーディングの下地として役立てていただきたい。

追記:先日YouTubeに動画を投稿したので、そちらもご覧いただきたい。