カテゴリー
GoPro

GoProでプロのように撮影するための10個の方法

GoProで思いどおりの映像を撮影することは意外とむずかしいと以前書いた。GoProは撮影の設定や編集方法について、ある程度の知識がないとなかなか良い写真や動画が撮れない。

でも大丈夫。実はGoProはWeb上や動画でたくさんのチュートリアル(教材)を用意していて、それを見れば本当のGoProの使い方をだれでも無料で学ぶことができるのだ。

この記事では、GoProがオフィシャルに公開している情報を紹介しながら、GoProの設定や撮影方法を詳しく学んでいきたい。

プロのように撮影するための10個の方法

まずはプロのように撮影するためのヒントが10個書かれた次のページを見ていただきたい。

GoProクリエイティブのヒント

最初の5つはクリエイティブに撮影する基礎的なコツ、最後の5つは上級者向けのヒントになっている。

  1. レンズをきれいに保ちましょう
  2. 最適な照明条件を選ぶ
  3. ストーリーを考えて撮影する
  4. さまざまなアングルを試してみましょう
  5. GOPROマウントでクリエイティブに
  6. プロのような低速度ビデオを撮影
  7. 壮大な追跡カメラ映像を撮影
  8. 最適なビデオ解像度を選択する
  9. 最適なフレームレートを選択する
  10. ベストな音声を記録

特に重要なのは、アングル、マウント方法を工夫すること、最適のフレームレートについて理解すること。

上級者にとっては当たり前のことかもしれないが、初心者にはこの10か条がとても参考になる。どうもうまくいかないなとGoProの壁にぶちあたったらこの10か条をひとつずつチェックしてみたい。

GoProフィールド・ガイド(動画)

次は動画で実際の撮影風景を見ながら、GoProのプロからテクニックを学びたい。

まずは3つの動画で撮影シチュエーションに合わせてモードを設定することを理解する。

エピソード1:Protuneモードを理解する

エピソード2:解像度、フレーム・レート、フィールド・オブ・ビュー(FOV)を理解する

エピソード3:撮影場所と目的

次におさらいとして、女性サーファーから全体的な撮影テクニックの手ほどきを得よう。

最後に、取り付けマウントやアクセサリーについての知識を得る。必要に応じてアクセサリーは用意したい。

GoPro撮影の知識

全体的な撮影テクニックを学んだところで、モードやProtuneについてさらに詳しく学んでいこう。

Night PhotoおよびNight Lapseの使い方

夜間や暗い場所で撮影するときのナイト・モードに関するページ。シャッタースピード、ホワイトバランス、ISO感度の比較も実例付きでわかりやすい。

高度なProtuneコントロールの説明

プロのような写真や動画を撮りたいと思ったら、Protuneは必須だ。このページでは、ホワイトバランス、カラー、露出の違いによる比較が実例付きで説明されている。

GoPro Tips for the Solo Female Traveler

こちらは英語のページだが、女性がひとり旅でGoProを使ってセルフィーをうまく撮る方法が書かれてある。いわゆる「GoPro女子」必見のページだ。

このページに書かれてあるセルフィー撮影のコツは、3-Way自撮り棒にGoProを取り付け、タイムラプス・モードの撮影間隔0.5秒に設定するというもの。

私も以前記事に書いたので、参考にしていただきたい。実は簡単!GoProの使い方とおすすめアクセサリー+アプリ+編集方法

GoProの撮影サンプル

以上のページや動画を一通りご覧になった方はもう準備はいいはずだ。あとは実際に外に出て、自分だけの世界を撮影するだけだ。

より多くのアイデアやインスピレーションを得たい人は、GoProで撮影されたすばらしい作品をたくさん見るといい。

GoProの公式アカウントをフォローして、世界中で撮影された作品から刺激を受けよう。

最後に

この記事ではGoProがオフィシャルに無料で公開しているチュートリアルをご紹介した。

GoProで本格的に撮影したいと思う方はぜひ一読することをおすすめする。

関連記事

動画のカラーグレーディングで最も重要な3つのコツ(基礎編)

【初心者向け】GoProの使い方とおすすめアクセサリー+アプリ+編集方法

GoProアクセサリー本当に使えるおすすめ6選

新世界への冒険 GoProカメラとYouTuber Jay Alvarrez

プロも使っている無料の動画編集ソフト!Mac/Windows両対応

GoPro用のLUTを無料で配布中 「苗場LUT」

GoPro動画編集におすすめの無料LUT(リンク付き)