カテゴリー
iPhone Mac

iPadで絵を描くこと(デイヴィッド・ホックニーの場合)

イギリスを代表する画家デイヴィッド・ホックニーがiPadを使って絵を描いていることを本を読んでいて知った。

デジタル創作ツールがあまりに普及したため、本を書いたり、曲を作ったり、ゲームや動画を作ったりするのさえ、リソースや特別なスキルがほとんど要らなくなった。(中略)伝説的な画家デビッド・ホックニーがアイパッドで描いた一連の作品は人気を博した。『〈インターネット〉の次に来るもの』ケヴィン・ケリー

Embed from Getty Images

作品の多くはオフィシャル・ホームページから見れるので、興味のある人はチェックしてみてほしい。

iPad : Digital : Works | David Hockney

New York Timesと WIREDの記事によると、ホックニーはiPadのBrushという無料のAppを使い、スタイラスでこれらの絵を描いたという。iPadを使う以前にも、Adobe Photoshopとペンタブレットで絵を描いていた。

「Brushes Redux」をApp Storeで

もともとカメラやビデオに興味があり、作品に利用していたホックニー。iPadの他にもiPhoneでスケッチを描いて友人に送っていたそうだ。

「巨匠」とか、「イギリスを代表する」というような肩書きのつくアーティストが、80歳間際になってテクノロジーを使って表現していくことが面白いと思った。

デイヴィッド・ホックニー – Wikipedia

関連記事:

iPadで絵を描くこと(デイヴィッド・ホックニーの場合)