カテゴリー
読書

メキシコの漁師とアメリカのビジネスマンの会話

一人のアメリカ人ビジネスマンがメキシコのとある小さな漁村の桟橋に立っていた。そこへ一人の漁師が船で帰ってきた。小さな船の中には活きのいい大きな魚が数匹入っていた。アメリカ人は漁師に魚のことを褒めた。

「その魚を捕るのに何時間漁をしたんだ?」アメリカ人は尋ねた。

「ほんの少しの時間さ」メキシコ人はこたえた。

「どうしてもっと長く漁に出てもっとたくさん捕まえないんだ?」とまたアメリカ人は尋ねた。

「家族が食べる分にはこれでじゅうぶんさ」とメキシコ人は言った。

「それなら」アメリカ人はさらに尋ねた。「あまった時間は何をして過ごすんだ?」

メキシコ人漁師は答えた。「ゆっくりと寝て、少し漁をして、子どもと遊んで、妻と昼寝をする。それから村に行って酒を飲んで 友達 とギターを弾くのさ。だから目一杯忙しい人生だよ、セニョール」

アメリカ人は馬鹿にするように笑って言った。「私はハーバードを出てMBAも持っているから助言してあげよう。まずもっと長時間漁に出てたくさん魚を捕る。そして大きな船を買って、次にもっと船を買う。やがて漁船団を手に入れる」

「そしたら仲介人に魚を売るのをやめて、直接消費者に売りつけるんだ。それから缶詰工場を始める。これで製品と加工と配給をコントロールできるよ。そしてこの小さな漁村からメキシコ・シティーに引っ越して、次はLAに、やがてはニューヨークに移って起業するんだ」

ここでメキシコ人漁師が質問した。「でもセニョール、いったい全部でどれくらいの時間がかかるんだい?」

「ざっと15年から20年さ」とアメリカ人は答えた。

「でもそれからどうするんだい?」

アメリカ人は笑って言った。「そこが肝心なところさ。機が熟したらIPO(株式公開)を発表して会社の株を市場に売って金持ちになる。つまり、億万長者ってことだ」

「億万長者だって、セニョール? それからどうする?」

アメリカ人はゆっくりと続けた。「それから引退して小さな漁村に移り住む。そこでゆっくりと寝て、少し漁をして、子どもと遊んで、妻と昼寝をする。それから村に行って酒を飲んで 友達 とギターを弾くのさ」