カテゴリー
英語 読書

Passive Incomeとはなにか?(不労所得、パッシブ・インカム)

Passive Income(パッシブ・インカム)とは

パッシブ収入、不労所得、受動的な所得 のこと。

主に、利子や配当など定額所得のこと。

パッシブ・インカムは、24時間365日なにもしなくても収入が入ってくるモデル

賃率や時間という概念はない。

パッシブ・インカムを得るためには、最初に収益化の仕組みを作らなければならない。立ち上げ当初は収益がゼロであり、最初のまとまった収入を得るまでに時間がかかる。

一度パッシブ・インカムの仕組みが完成すれば、以降はなにもしなくても収入が入ってくる。

最初は後述するアクティブ・インカムを原資にパッシブ・インカムの仕組みを作り、以降はパッシブ・インカムをパッシブ・インカムの構築・補強に投入することでより安定した好循環になり、富が富を生む。

投資、不動産経営、オンラインサービスなど。

Active Income(アクティブ・インカム)とは

アクティブ収入、労働所得、能動的な所得

アクティブ・インカムは、賃率×時間=給料で計算される従来からの収入モデル。

収入(給料)を増やすためには、賃率と時間を上げるしかない。賃率を上げるにはスキルや経験値を上げる。時間を増やすには労働時間を長くするしかない。

従来型の収入モデルで、アルバイトや会社員などの給料が該当する。

関連語はラットレース、社畜などがある。

関連書籍

『金持ち父さん 貧乏父さん』の原書は1997年に発売された。「金持ちはお金を自分たちのために働かせる」という考えや、Passive IncomeとActive Incomeの概念は本書によって世間に広まった。

そしてIT技術の発展とともに、個人投資家が増え、インターネットを使ったビジネスに参入する人が増えた。Passive Incomeはいまや現代の収入モデルになりつつある。

ティム・フェリス著2007年出版。『「週4時間」だけ働く。』では収入モデルではなく、働き方の視点から論じている。しかし、その方法はビジネスの仕組みづくり、自動化といったもので、Passive Incomeの収入モデルと一致する。

参考動画

QUIT MY $70,000 JOB AFTER LEARNING THIS LESSON ABOUT MONEY

HOW TO EARN PASSIVE INCOME (Ways To Make $1,000 Or More Each Month!)

Passive Incomeの概要を知るにはこの動画がわかりやすかった。