カテゴリー
ガジェット

モンブラン万年筆vsトラディオプラマン

ぺんてるの水性ペン「トラディオプラマン」。

モンブランの万年筆「マイスターシュテュック」。

ペンの構造も値段も思想もまったく異なる2本のペン。

しかし、不思議と共通する点が多い。

 

どちらも、一度書くと病みつきになる独特の書き心地。

長時間書いても疲れない、短くて軽いボディ。

線の幅を自由自在に変えられるやわらかさ。

pulaman-montblanc2

トラディオプラマンは本体が500円、替え芯が200円という安さ。ぺんてるの技術力が作り上げたプラスチック製の逸品。

トラディオプラマンを見た海外の名門文具メーカーはど肝を抜かれただろう。

モンブランの代表的な万年筆マイスターシュテュック。ペン先にはゴールドを使っている。

 

育った環境はまったく違うが、どちらも書く人を虜にするまさに傑作という名にふさわしいペンだ。

関連記事

JALマイル10,000ポイントをワイン6本と交換した