Skip to content Skip to footer

良いプレゼンとスピーチに共通する3つのコツ

色々なプレゼン動画やスピーチを聞き、関連する本も読んだ。

その結果、人前で話をする場合はこの3つに気をつけるとよいことを学んだ。

1. 重要なことや構成は3点に絞る

人は一度に3〜4個のことしか記憶できない。

だから人に話をするときは、重要なことを3つ程度にする。

また、話の構成も始め・中・終わりというように3つに絞ると、聴衆が流れを理解しやすい。

3点に絞ることで、話し手自身もなにが一番大事なのかを自問し、内容を整理することができる。

2. いちばん伝えたいことを簡潔なメッセージにまとめる

プレゼンやスピーチでいちばん言いたいことを明確にすること。

そしてそれを短い文章にまとめること。

一番言いたいことが明確でないと、聴衆の印象に残らない。

これだけは聴衆に言いたい、覚えてほしい、という最重要メッセージをはっきりさせること。

3. 情熱をもって聴く人の感情に訴える

プレゼンやスピーチの主張や商品について、自分自身が情熱をもっていなければ聴く人には決して届かない。

情熱をもっていれば、聴く人の感情に伝わる。

いくら体裁を整えても、情熱がなければ聴衆を動かすことはできない。

情熱があることについて話をすること。素晴らしい演説者には人を感動させる情熱があるのだ。

参考になった本

関連記事

ジョブズのプレゼン見た人この本読まなきゃもったいない
知の最前線!TEDで2010年以降最も観られたプレゼン・ベスト20(日本語字幕付)