カテゴリー
音楽

2018年ブラック・アイド・ピーズの再活動がひそかに熱を帯びてきている

ヒップホップ、ラップ/エレクトロニック/ポップの3人組+『ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)』。

Embed from Getty Images

2011年に活動休止を発表。2015年に活動20周年を記念して再結成。

この記事では、再結成後のブラック・アイド・ピーズの今日までの活動を簡単に紹介したい。

ファーギーは?

まず気になるのは再結成後もファーギーが参加するかどうか。

結論は、残念ながらファーギーは脱退というかたちになっている。

もともとウィル・アイ・アムを中心に男性3人でラップ、ダンスユニットとしてスタートしたブラック・アイド・ピーズ。

そこにファーギーという歌唱力、パワー、紅一点の存在が加わることで、世界のポップ界を席巻した。

Embed from Getty Images

ファーギーがいなくなったということは、元のブラック・アイド・ピーズになったということ。原点に戻ってラップ、ダンスユニットとしての活動が主になる。

再結成後に発表した曲

ではファーギーという才能を失ったブラック・アイド・ピーズの音楽はどうなるかというと、これがじつに良い。

“Awesome”とか”Yesterday”という曲が先行するのだが、本格的にシングルとして発表されたのは下記の5曲となる。

#WHERESTHELOVE

Street Livin

Ring the Alarm

Get It

Constant Pt.1 and 2

感想

2018年に発表された、Street Livin以降の4曲が素晴らしい。

ブラック・アイド・ピーズの原点であるラップに特化しつつ、ファーギーがいたときのポップさのエッセンスを残している。

落ち着いた、シックな曲調。

比べるならファーギーがいたころのブラック・アイド・ピーズではなく、3人で活動していたころ発表したBridging the Gap (2000)のようだ。

2018年に立て続けにシングルリリースをしているブラック・アイド・ピーズ。このままリリースを続けて、ぜひアルバムを発表してほしい。

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️

関連記事

EDM界 最高のヒットメーカーCalvin Harrisについて