カテゴリー
GoPro カメラ ガジェット

DJI OSMO ActionはGoProキラーとなるか? GoPro使用歴3年ユーザーの考え

GoProを愛用してきたが、ついに最強のライバルが登場した。

そいつの名前は「OSMO」… あの中国発のドローンメーカーDJIが勢いを加速してきた。

GoPro社も以前はドローンを開発・販売していたがのちに撤退している。その陰には間違いなくDJI社が作るドローンの品質、マーケティング勝利があったに違いない。

アクションカメラHeroシリーズを中心にラインナップを固めてきたGoPro社は2018年にHero7を発表。GoPro Hero7 は超強力な手ぶれ補正を筆頭に、アクションカメラ界の王座を絶対のものにしていた、はずだったが…

DJI OSMO Action

最初にOSMOのことを知ったのはYouTubeの動画ページだった。世界中のユーチューバーがこぞってDJI OSMO Actionを取り上げ、GoProと比較している。

(以前にもDJIがOSMO Pocketを発表した時も、ユーチューバーがみんなOSMOを手にしていた。そこらへんのSNSを使ったマーケティングにぬかりないところがさすがはDJI)。

それにしても、DJIのホームページを見るとGoProにそっくりな雰囲気…

DJIのホームページ
GoProのホームページ

まだ、DJI OSMO Actionは試していが「GoPro Hero7 Blackに色々な意味で『そっくり』のカメラ」と言えば十分だろうか。

GoPro Hero7 Blackの発表より半年ほど遅れての発売となっており、GoPro Hero7 Black発売時のような熱狂的な歓迎ムードは感じない。

DJI OSMO Action が税込44,820円で、GoPro Hero7 Blackが税込53,460円。

GoPro Hero7 Blackの方が8,620円高い。

ただし、フロントスクリーンなどGoProにはない特徴もあり、価格が安いことも消費者には重要なポイントだ。

結論

まだアクションカメラを持っていない人にとってはDJI OSMO Actionは大いに魅力的なカメラとなる。

一方、GoProをすでに持っていて使い込んだ人、そして私のようにGoProに愛着を持っている人には「目新しさがなく、強い魅力を感じない」というのが正直な感想だ。

DJI社にはドローン分野でのイノベーションを期待したい。

関連記事

GoPro買うならHERO7 BLACKを絶対おすすめする3つの理由と買うべき人
『GoPro完全ガイド』