MacでYouTube動画を4K再生する方法【2019年度版】

YouTubeの動画が4K再生できないとお悩みのMacユーザーの方へ。

この記事を読めば、MacでYouTube動画を4K再生する方法がわかります。

また、どうして4K再生できないのかという理由までご説明したいと思います。

MacでYouTubeの動画を4K再生する方法

まずMacのブラウザでSafariを使用している方は、ChromeやFirefoxをダウンロードして使ってみてください。

Google ChromeとFirefoxなどのブラウザではYouTubeで4K再生できますが、Safariでは4K再生ができないのです!

ちなみに、この2つのブラウザはAppStoreからダウンロードできません。それぞれ以下の公式サイトからダウンロードしてください。

Google Chrome ウェブブラウザ

Firefox をダウンロード — 無料ウェブブラウザー — Mozilla

どうしてYouTubeで4K再生するだけなのに、こんなに面倒なことになっているのでしょうか?

MacでYouTubeの4K動画が再生できない理由

YouTubeの親会社であるGoogleは、独自で開発しているVP9という動画コーデックを採用しています。

一方、Appleは一般的に普及し始めている新しい動画コーデックHEVC(H.265)を採用しています。

つまり、GoogleとAppleはそれぞれ別の動画コーデックを採用していることが原因なのです。大人の事情というやつです。

せっかくiMac 4Kを買ったのに、YouTubeで4K再生できないなんて悲しいですよね。なんとも残念なことです。

YouTubeもChromeもどちらもGoogleのサービスですので、Google関連のサービスを利用するにはGoogle Chromeを使うのが良いようです。

実際にSafariとGoogle Chromeで4K再生してみる

今回の試験で使用したのは、YouTubeにアップロードされているこちらのAppleの公式動画。

4K撮影の魅力を伝えるための動画なのにSafariでは4K再生できないと言う皮肉…

Safariで再生した場合は画質オプションとして1080p HDまでしか選べない(左)。一方で、Google Chromeで同じ動画を再生すると、2160p 4K動画まで再生できる(右)。

iMacなどの大画面をお使いの方はぜひ4K再生を選んでいただきたい。1080p HD動画との違いは一目瞭然だ。MacBook等ラップトップをご使用の方でも、4K再生すると明らかに高画質だとわかる。

高精細が売りのRetinaディスプレイの力を発揮するためにも、まだYouTubeを4K再生したことがない方はお試しあれ。

関連記事

HEVCとは何か?iPhone/Mac/GoProユーザー必見の次世代動画コーデックを解説
動画のフレームレートをMacで確認する方法
Pocket