カテゴリー
英語 読書

英会話を独学するなら瞬間英作文がおすすめ【海外生活、赴任前】

日本の学校教育で英語はじゅうぶん勉強したから、海外に行っても英語はすぐに話せると思っていた。

しかし、実際に海外で生活し、英語で会話しようとすると英語がパッと浮かんでこない、という場面がある。そうなると、英語で話す意欲が低下してしまい、英会話に尻込みするようになってしまう。

この記事では、基礎的な文法や単語は習得したけれど、海外生活、赴任などで実際に英会話するのが不安だという方に向けて、1冊の教本をおすすめしたい。

それは森沢洋介氏の『瞬間英作文』だ。

「瞬間英作文」とは

「瞬間英作文」とは、中学で習う程度の文型や単語だけを使って、簡単な英文をスピーディーに、大量に声に出して作るというもの。

英語を自由に話せるようになるには、基本文型の駆使能力を身につけることが欠かせません。この能力をつけるためには、基本文型を使った短文英作文を行うことが、非常に効果的です。伝統的なこの方法は、しかし、その地味さゆえに、多くの学習者の死角に入り、見過ごされてきた感があります。『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

海外で英語を使ってみるとわかるが、実際の会話は拍子抜けするほどかんたんな単語や文型を使ったシンプルなものである。シンプルであるがゆえに、なによりも大事なのは言葉のキャッチボールをリズムよく、瞬間的に続けることだ。

英会話において、むずかしい単語や文法を駆使して「美しい英語」を使う必要なんてまったくない。相手が求めているのは、シンプルなコミュニケーションである。

シンプルなコミュニュケーションを成立させるには、相手との言葉のキャッチボールをリズムよく行うこと。そのためには、パッと浮かんでくる簡単な単語、文型を使って瞬時に質問し、返事をすることにある。

おすすめの一冊

私が実際にはじめて海外で仕事をする前に復習のために参考にしたのは『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』だった。

この本は中学レベル+αの英語能力で合計1,000例文の「瞬間英作文」をトレーニングするというもの。

英語は一通り勉強したけれど英会話には不安があるという人が、手っ取り早く英語の反射神経を鍛えるのに最適の本だと感じた。