カテゴリー
GoPro カメラ

広角レンズ/GoProでプロみたいな写真撮影をする3つの方法

広角レンズ(GoPro)は個性的な写真が撮れる。

景色が広く撮影できるし、遠近感のある写真が撮れる。撮り方次第で可能性も広がる。

広角レンズはむずかしい?

しかし、いざ使ってみるとこんな悩みにぶち当たるのではないか。

「被写体が小さく写ってしまう」

「インパクトのない写真になった」

かくいう私もGoProや一眼レフの広角レンズで撮影したけど、いまいち満足のいく出来映えにならず悩んでいた。

しかし、ある日プロのカメラマンのアドバイスを知って以来、コツをつかむことができた。

コツを教えてくれたプロのカメラマン

そのカメラマンとは、ナショナル・ジオグラフィックから『プロの撮り方』という写真教本を出版しているブライアン・ピーターソンだ。

プロの撮り方 構図を極める

この記事が参考になった方は、ぜひ本も手に取ってほしい。広角レンズのコツ以外にもたくさんの実践的なノウハウが詰まった良書だ。

広角レンズの使い方のコツ

それでは「広角レンズでうまく写真を撮るコツ」についてご紹介していきたい。

なお、アクションカメラGoProも超広角レンズを搭載しているので、GoProユーザーもぜひ参考にしていただきたい。

1. 前景に興味を引く被写体を配置する

View this post on Instagram

A truly EASY lesson on flash when shooting backlit subjects: 1) Find a subject that is easily backlit by the sun, in this case a sunflower in a field-photo number two 2)With your DSLR in MANUAL MODE (M) and your ISO at 100, set your Aperture to F/22 and your Shutter Speed to a 1/200 sec. (Without any added light from a flash, this manual exposure, F/22@1/200 sec. with 100 ISO, will result in an almost silhouetted subject every time you point the camera and shoot into the backlight.) 3) If your flash is limited to the camera’s built in pop up flash, make sure it is set to TTL Mode, but if you are using a more powerful portable flash i.e. Nikon SB 700 or 910 or Canon 580 or 600, set it to TTL Mode and also consider combining with a coiled TTL cord instead of mounting the flash to camera hot shoe and use off camera pointing at subject at about a 45 degree angle. My lens choice in the example shown here, was the Nikkor 12-24mm, focusing/composing relatively close, and just before pressing the shutter, I made it a point to move ever so slightly to the left, thus allowing a piece of the sun’s light to come out from behind the sunflower. Also another benefit of using F/22, is the ‘starburst’ effect that you get when composing just a small piece of the sun’s light and of course the sunflower is also illuminated because the flash fired during the exposure. This simple idea is NOT limited to sunflowers. It works well with people too, such as a bride posed against the setting sun etc. Good luck and you keep shooting! #nikon_photo #photographyislife #photographyismypassion #picoftheday #picture #phototips #photooftheday #nikonmea #imukung #nikonphotography #sunflower #flowers #somewheremagazine #flash #landscape #bpsop #youkeepshooting #bryanfpetersonphotoworkshops #yellow #💛#grateful #gratitude #blessed

A post shared by Bryan F Peterson (@bryanfpeterson) on

まず前景をどう工夫するか考える。

広角レンズの効果を発揮するには、前景に興味を引く被写体を配置できるかが勝負の分かれ目になる。

レンズに近い側に被写体を配置することで、前景にある被写体が強調され(デフォルメ効果)、遠景との距離感が出て立体感のある写真になる。

2. ローアングルで撮る

View this post on Instagram

Where in the world are dandelions BIGGER than humans? On this particular day, in the country of Holland! So much, if not all, of photography is a lie, an illusion if you will, yet within that lie is a mountain of truth. Your job as a visual magician should be to create magic acts and one of the easiest one’s to create is an exaggerated sense of scale, THANKS to the use of a super-wide angle lens. “…immediate, immediate, immediate foreground!” These are my top three suggestions for using the super-wide and once you embrace this all important statement, you will then call upon F/22, most of the time, turn off auto-focus, and manually set your focus to a three foot distance, as long as you are using wide-angle FX focal lengths from 11-24mm OR DX focal lengths from 10-16mm… Lying on the ground, my students are all composing their respective camera and wide-angle lens within inches of the dandelions, and on the count of three, Olga Zametra, (a fellow student and her famous red hair) hops, skips and jumps down the nearby road. The result is an image of immense depth, sharpness AND a comical like sense of scale, as Olga is now dwarfed by the GIANT dandelions. You keep perfecting your magic and you keep shooting! Nikon D810, Nikkor 17-35mm @17mm F/22@ 1/250 sec. 400 ISO #alltheoceanblues #💙#💛 #somewheremagazine # #people #landscape #imukung nikonmea #picoftheday #dslrofficial #illusions #weekly_feature #nikon #flowers #artofvisuals #magic #redhair #photography #photographylover #photographyislife #photooftheday #youkeepshooting #bpsop #bryanfpetersonphotoworkshops #grateful #happy #lucky #phototips

A post shared by Bryan F Peterson (@bryanfpeterson) on

ローアングルで撮ることで、広い世界を見上げるような写真が撮れる。また、低いところにある被写体や地面を前景に取り込むことで、コツの1番と同様の効果を得ることもできる。

さらに、地面や被写体などが「線」を描いているようなものを取り入れると、写真を見る人の目を惹きつける効果を演出できる。

3. 前景/中景/遠景を写して遠近感を演出する

前景が重要であることは変わりないが、さらに中景、遠景を意識することで、写真に3層のレイヤーができ、奥行きのある興味深い写真になる。

一眼レフを使っている場合は、絞りをしぼって前景から遠景までをクリアに写すことがポイント。

最後に

広角レンズは報道カメラマンやネイチャー系(自然・風景)カメラマンがいちばん好きなレンズと言われる。なぜなら広角の特性を生かして、一枚の写真で多くの「物語」を伝えられるから。

皆さんも今回ご紹介した広角レンズのコツを生かして「物語」のある写真を撮ってみていただきたい。

関連記事

富士フィルムX100Vの発売日はいつ?どんな新機能が搭載されるか

動画のカラーグレーディングで最も重要な3つのコツ(基礎編)