WordPressブロガー必須のおすすめエディターMac版

MacでWordPressの記事を書くなら、Ulyssesというエディタがおすすめだ。

数年前まではMacのブログ用エディタといえばMarsEditが流行っていたが、もう古いと思う。

MacでWordPressにブログ記事を投稿するなら、Ulyssesをおすすめする理由について述べたい。

Ulyssesがブログ用エディタに向いているわけ

Ulysses

UlyssesはMac専用に開発されたエディタで、Markdownという記述スタイルを使用する。Mac、iPhone、iPadで同期して文章を編集・管理できる。

Ulyssesの使い方や特徴については別の記事にまとめたのでそちらをご参考に頂きたい。

ブログ用エディタとしてUlyssesには以下の3つの特徴がある。

  1. WordPressに直接投稿できる
  2. Markdownで数早く記事を完成できる
  3. 画像の挿入やスラッグ打ちなども可能

Ulyssesは元々Markdownエディタとして開発されてきており、完成した書類はPDFや各種の原稿フォーマットで書き出せる機能が売りだった。

それが最近のメジャーアップデートで、WordPressのブログ記事として直接投稿できるようになった。

これはWordPressブロガーにとっては最高の知らせであり、私もUlyssesを使っている1番の理由がWordPressエディタとしての使い方となる。

Markdownで素早く文章を書き上げて、WordPressに直接投稿するという最速のブログ投稿を味わうと、もう他のエディタには戻れない。

WordPressのGutenbergブロックエディタは使いやすくて良いが、いかんせん反応が遅く、素早く記事をかきあげるのには向いていない。

MacでWordPressブログを書いている人は、Ulyssesという最高のエディタが使えるのに使えないなんてもったいない!としか言いようがない。

ぜひ、無料で試してみて、その最高の書き味を体験頂きたい。

,