Skip to content Skip to footer

ジミ・ヘンドリクスのAll Along the Watchtowerライブ版は何度観てもカッコイイ

Bob Dylan作詞・作曲のAll Along the Watchtower「見張塔からずっと」は名曲だ。

その名曲をJimi Hendrixが演奏すると、完全にJimi Hendrixの曲に仕上がってしまう。

この記事では、All Along the WatchtowerのJimi Hendrixによるライブ版を2つ紹介したい。

All Along the Watchtower

Bob Dylanが1967年に作詞・作曲した。

翌年の1968年にJimi Hendrixがカバーをしてアルバム収録した。

見張塔からずっと – Wikipedia

Bob Dylanのオリジナル版、Jimi Hendrixのスタジオ収録版、そして1970年の2つのライブ版。どれも即興が入っているため、別の曲みたいに新鮮に聴こえる。

とくに、アトランタ版はライブ映像から生々しい雰囲気が伝わってくる。

1970年7月4日アトランタ版

1970年9月3日コペンハーゲン版

最後に

1990年代、中学3年だった私はテレビ番組でJimi Hendrixのライブ映像を見た。ほんとうに衝撃だった。テレビで見た日本の音楽とはまったく別の世界がそこにはあった。

アフロヘヤーにバンダナ、着物みたいな服装、左利きでかまえたストラトキャスター。

衝撃はいまも残っている。番組名は覚えていないが、あの頃の深夜のロック番組はすばらしかった。

久しぶりにJimi Hendrixの演奏を映像で観たが、なでるように「さわさわ」とピックを動かしていることに驚いた。あんな弾き方であの複雑で超速の音が出てくるなんて、いまも信じられない。

Jimi Hendrixのライブ映像を観ると、そのたびに衝撃を受けて、忘れていたなにかが甦る気がする。