カテゴリー
Mac ガジェット

Transcend 1TBポータブルHDDをMac用にフォーマットする方法

Transcendの1TBポータブルHDDを購入した。

MacBook Proからデータのバックアップ用に購入したので、Macで使うためのフォーマットの方法とともに紹介したい。

Mac用に最適なフォーマット

購入した状態では「Windows NTファイルシステム(NTFS)」というフォーマットになっている。

Macで使う場合は「Mac OS拡張(ジャーナリング)」というフォーマットにする必要がある。

Macでフォーマットする方法

  1. ディスクユーティリティを開く
  2. サイドバーからフォーマットする外付けハードディスクを選択
  3. ツールバーから「消去」をクリック
  4. 名前を変更する場合は任意に入力する
  5. フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択
  6. 「消去」をクリック

数秒でフォーマットが完了するので「Mac OS拡張(ジャーナリング)」になっていることを確認してフォーマット完了。

Transcend 1TBポータブルHDDのレビュー

大きさは、以前から使っていた外付けハードディスクと大差ない。ただし、セールスポイントにしている耐久性は確かに良さそうだ。

付属ケーブルは一般的なUSBケーブルになっている。そのため、最近のMacへ接続する場合はUSBからUSB-Cへ変換するドングルが必要となる。

フォーマット後、数GBの大きなファイルをまとめて書き込むバックアップを行った。数分程度かかるが、定期的なバックアップ目的としては十分だと感じた。

最後に

クラウドでのバックアップが主流となってきたが、大容量のファイルを扱う場合は物理ハードディスクが有効だ。

1TBでも6,000円程度で購入できるため、Macで外付けハードディスクの購入を検討している方は、このTranscend 1TBポータブルHDDをおすすめしたい。

関連記事