GoPro×ドローンの可能性を再考する【2018年末】

GoPro社は2018年1月にドローン事業から撤退した。

そのため、GoProをドローンに載せる夢は消えたかに思えた。

しかしこの記事では、あえて、GoProを搭載できるドローンについての可能性を考えなおしてみたい。

なぜGoProなのか?

GoProが好きだから。GoProで撮影すれば、他の格安ドローンに搭載されたトイカメラよりもはるかに高画質な映像が撮れるから。

「空撮」を考えた場合、ドローン本体の機能も大事だが、カメラの機能も同じくらい重要である。

GoProのドローンKarma

GoPro HERO7 Blackの手ぶれ補正を見たか

安いドローンが普及したいま、GoProを格安ドローンに搭載することで、高画質な撮影が期待できる。

こんな風に考えるようになったのは、2018年9月に発売されたGoPro HERO7 Blackの手ぶれ補正機能を見てからだ。

「ジンバル・キラー」と呼ばれるHERO7 Black。ドローンにはジンバルや手ぶれ補正が必須だが、HERO7 Blackならドローンに載せるだけで、ジンバルも不要になると気づいたのだ。

GoPro社のドローンKarma

GoProのドローンKarma

GoPro社がドローン事業で販売していたのはKarmaというドローンだった。

ここでKarmaのスペックを簡単におさらいしてみよう。

全長x全幅x全高(mm)303x411x117
重さ(バッテリー含む)1,006g
最大伝送距離3,000 m
最大飛行時間20分
定価110,000円

カメラ機能は搭載するGoProによる。

GoProを搭載できるドローン

2018年11月時点で、GoProを搭載できるドローンとして下記のものがある。

はっきりとは書かれていないが、GoProを搭載できる作りになっているらしい。

「これにHERO7 Blackを載せれば、スムーズで高画質な空撮ができるんじゃないか、しかも格安で」というのがこの記事の結論。

ドローンを買ったらまた記事にしてみたい。