カテゴリー
読書

『自分を変える教室』のケリー教授と見た目が与える印象について

内容はもちろんだが、著者ケリー・マクゴニガルの見た目の印象が良いことは否定できないだろう。

『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル著、神崎 朗子訳(大和書房、2012年)

ビジネス書大賞の2013年度『優秀翻訳ビジネス書賞』

ケリー・マクゴニガルについて

1977年生まれ。スタンフォード大学の心理学者。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

出版されている本の表紙を貼り付けてみよう。

で、中身(講義)はどうだったのか?

教授(著者)の紹介はこれくらいにして、内容はどうだったかというと。

こんな感じで「しっかり」ノートをとりました。

  • 5分の瞑想で意志力を鍛える。気が散っていることに気づいたら、呼吸に意思を戻す。
  • 呼吸の数を1分間に4回~6回に減らして呼吸を遅らせると自制心を発揮できる。
  • 5分でいいから外へ出て活動するとストレスが減り、モチベーションがアップする。
  • よく寝ること。
  • 体に持久性のあるエネルギーを与えてくれるような食べ物(ナッツなど)を食べると意志力をコントロールできる。

「超人気講義」と呼ばれる理由はどこにあるか? それは各自が読んでいただければわかるだろう。

TEDでケリー・マクゴニガル教授のレクチャーを受けるのもいい。日本語字幕あり。